メニュー

最新情報 rss


2012年09月12日(水)

本日「松明祭(タバンカ祭)」1日目斎行です。19:00より神事が始まり、境内へ出るのは19:30頃の予定です。


明治初めの神仏分離(廃仏毀釈)以前、
神と仏は習合が認められていました。
当大宝八幡宮でも、境内には8つの寺院が
ありました。現在でも随身門の仁王像や、
鐘楼、護摩堂(祖霊殿)にその名残が伺えます。

応安三年(1370)、大宝八ヶ寺のひとつ、
賢了院で火災が発生しました。
そしてその火を畳と鍋蓋で消し止めたそうです。
この故事が後に戯曲化されたのが、
松明祭(タバンカ祭)です。
タバンカの名は、畳と鍋蓋を勢い良く
石畳に叩きつける音が由来です。

19:00より拝殿にて神事が始まり、
19:30頃より大松明に火が点けられます。