メニュー

最新情報 rss


2011年01月01日(土)

茨城の神社、大宝八幡宮で年末の風物詩「除夜の鐘」を催行


明治の神仏分離により失われた鐘楼が、
22年の4月に復建いたしました。
これに伴い、大晦日の風物詩、
「除夜の鐘」を催行しました。

大宝八幡宮は神社ですが、
かつては境内に寺が存在しており、
今も神仏習合が色濃く残ります。

これから当宮の除夜の鐘が、
地域に定着することを祈っています。