メニュー
TOP > 一覧 >

授与品案内

大宝八幡宮で頒布をしている御札・御守と、社宝、境内施設の一部をご紹介します。 御札・御守は、新年を迎えるにあたり新しいものをお受けいただくのが一般的です。これは、御札・御守を新しくすることにより、御神霊の力、御神威(みいつ)がさらに活発に発揚されると考えられているためです。伊勢の神宮をはじめ全国でみられる遷宮(せんぐう)(社殿を新築し神様に御遷りいただくこと)にも、このような意味合いが含まれています。 ※ここにご紹介しきれていない授与品・社宝・境内施設もございます。


旅行安全御守

旅行安全御守
旅行安全御守(青・赤)
初穂料 500円
旅行中に事件や事故に巻き込まれることなく、無事に帰れますよう祈願する御守です。旅行安全は、行き帰りの移動中だけでなく滞在先での安全も含みますので、交通安全とは異なります。海外・国内旅行はもちろん、比較的短期の留学や転勤、単身赴任などにも良いでしょう。

子宝草

子宝草

子宝草

初穂料 500円
葉の周りにたくさんの子株が並んで付く姿から子宝草と呼ばれています。その子株を土に乗せるだけで簡単に増やせます。子授けの縁起物として育ててみてはいかがですか。

ベンケイソウ科カランコエ属の多年草、多肉植物、半耐寒性
別名クローンコエ・コダカラベンケイ・シコロベンケイ


心願棒御守

心願棒御守
初穂料 500円
願意を込めてぎゅ〜っと握りしめる御守です。
合格祈願や必勝祈願(スポーツ観戦)など、
「手に汗握る」そんな場面に最適の御守です。

古式絵馬(足付)

古式絵馬(足付)
古式絵馬(足付)
初穂料 1,000円
絵馬は、もともと神々の乗り物として本物の馬が献上されていたことに由来します。その後、時代や人々の願いとともに馬以外の絵も描かれるようになりました。
古式の足付絵馬は、境内の絵馬掛けには掛けずお持ち帰りいただき、神棚にお供えしてください。

絵馬・子育絵馬

絵馬・子育絵馬
左:絵馬
初穂料 500円
御祈願の内容を記して境内に2ヵ所あるうち拝殿西側の絵馬掛けに奉納します。

右:子育絵馬
初穂料 500円
お子様の成長を祈願する専用の絵馬です。初宮詣と七五三詣の方は、御祈祷控室にこちらの子育絵馬が用意してございますのでご利用ください。奉納する絵馬掛けは、他の御祈願の絵馬とは異なり、御神木の大銀杏近くの物をご利用ください。